関西電子ビーム株式会社

検索

事業内容

HOME > 事業内容 > 滅菌

滅菌

箱詰や包装した製品にそのまま電子線を照射し、滅菌を行います

箱に納められた滅菌対象物(例)

  • 注射器、カテーテルなど医療機器、点眼薬・洗眼薬容器など医薬品容器
  • ガーゼ、絆創膏など衛生用品、ペットボトル栓、ヨーグルト容器など食品容器
医療機器
医療機器
医療用ガーゼ・綿球
医療用ガーゼ・
綿球
点眼薬キャップ・洗眼薬容器
点眼薬キャップ・
洗眼薬容器
樹脂・アルミキャップ・ノズル
樹脂・アルミキャップ・
ノズル
用語解説

電子線照射イメージ電子線照射とは

電子に高い電圧をかけ、エネルギーを与えて、物質に照射して物質内を通過するときに電子の持つエネルギーが物質に作用する働きを利用しています。電子の発生とエネルギーを高める方法は、原理的にはテレビのブラウン管とほぼ同じで、電子線発生のための放射性物質等は使用しません。
電子線はダンボール箱や包装などを透過するため、箱詰のまま照射して滅菌や材料改質を行うことが可能です。

滅菌原理イメージ滅菌の原理

電子線の照射により、
微生物の遺伝子(DNA)または細胞がダメージを受けることで微生物は死滅します。
DNAがダメージを受けるメカニズムは右図のようになっており、直接作用と間接作用があります。

直接作用:
電子線がDNAに直接作用(電離)して、DNA鎖を切断する作用です。
間接作用:
電子線がDNA近隣の水分子と化学反応し、反応性の高いラジカル(活性ラジカル)を発生させ、DNAを損傷させる作用です。

なお、滅菌とは物質中のすべての微生物を殺滅または除去することです。

このページのトップへ戻る